コラム

[ 業界トレンド ] -

伊藤忠ら複数企業がIoTの技術を生かした「IoTトイレ」を開発!

伊藤忠ら複数企業がIoTの技術を生かした「IoTトイレ」を開発!イメージ画像

2016年10月17日、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称「CTC」)は、「IoT」(モノのインターネット)の技術をトイレに応用したクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したことをプレスリリースで発表しました。
この「IoTトイレ」には具体的にどのような機能があり、利用者にはどのような使い道があるのでしょうか。
現時点で判明している情報をお伝えします。

「IoT」の概要

「IoT」とは「Internet of Things」の略語で「モノのインターネット」を意味する言葉。
ここでいう「モノ」とは、工場内で稼働しているマシンや物流倉庫内を流れる荷物、冷蔵庫や洗濯機といった家電製品など、ありとあらゆるモノのことを指しており、「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる仕組み」または「それによる社会の実現」のことを意味します。
それまでインターネットはパソコンなどの通信機器が接続するもの、というのが常識でしたが、もともと通信を目的としていなかったモノでも、センサーを取り付けることによってインターネットに接続できるようになったのです。
「IoT」はIT企業の発展とともに現在進行形で著しく成長をしており、日本人の生活のあらゆる場面に今後関わってくることが予想されています。

「IoTトイレ」の仕組みと開発経緯

「IoTトイレ」は、そんな「IoT」の技術を生かして開発された、個室トイレの空き状況を確認できるクラウドサービスです。
具体的には各個室に「開閉センサー」を設置することでドアの開閉状態を把握できるようにし、サービスの利用者がパソコンやスマホからリアルタイムで空き状況を確認して、使用するトイレのフロアを選ぶというものです。

この「IoTトイレ」は、伊藤忠テクノソリューションズが2015年度に実施した、業務改善や問題解決に繋がるツールを作成するための社内コンテストをきっかけに開発されたといいます。
今年の4~7月までの期間中には三井不動産株式会社協力のもと、霞が関ビル内のトイレで認証実験を実施。
9月以降は自社の「霞が関オフィス」と「大崎オフィス」で実際に利用しながらサービス品質の向上を図り、三井不動産のビルをはじめとする都内のオフィスビルに向けて販売を開始するとのことです。

「IoTトイレ」の可能性は無限大?

実はこの「IoTトイレ」を開発しているのは伊藤忠だけではなく、ユニアデックス株式会社が「スマートトイレルーム」という名称で、株式会社バカンが「Throne」(スローン)という名称で、レンジャーシステムズ株式会社が「トイレsearching」という名称で、同じように「IoT」の技術を生かしたトイレの空き状況を確認できるサービスを開発・提供しています。
今まで「デジタル」や「スマート」という言葉とは縁遠いものだったトイレですが、このように「IoT」の技術は、私たちの生活から非常に身近なものにも使われるようになってきているのです。
今後もIoT技術を駆使した新しいサービスが次々と誕生し、私たちの生活をより豊かなものにしてくれることでしょう。

 

伊藤忠ら複数企業がIoTの技術を生かした「IoTトイレ」を開発!

お問い合せ

見た目だけではない
オフィス空間づくり
ご相談・見積もりのご依頼は
お気軽に。

※お問い合せは無料です。
数日以内に担当よりご連絡を差し上げます。
※日本全国対応いたします。

ユニオンテック株式会社

03-6300-4357

営業時間 :

MAIL
オフィス空間づくりのお問い合せ

TEL03-6300-4357

オフィス空間づくりのお問い合せ
TEL
MAIL